食べる量に関係なくやせる極意とは?

痩身

痩身とエステについて

痩身エステって相場の値段はいくらぐらいなんでしょう?
 
エステの痩身コースは、比較的高額なところが多いです。

最初はお手頃コースを受けさせておいて、金額の高い痩身コースへ勧誘していくパターンもあります。

高額なら無理という方は、リラクゼーションやハンドマッサージ、
セルライト除去のマッサージができるところがおすすめです。

50万円〜100万円を超える値段を、ローンで組ませようとする業者も多いみたいです。
本当にエステにはそれだけのお金を出す価値があるのでしょうか?
やっぱりやめた方が良いかも・・・と少しでも思うなら、
契約日から8日以内にできるクーリングオフの手続きを!

エステに行くだけで美しく痩せられるというのは誤解です。
行くだけでは絶対にやせられません。
 エステに行かなくても、自分で努力をすれば確実に痩身することができます。

エステはあなたが痩せるための手助けをしてくれる場所です。
エステから指導をしてもらえる場合も多いですが、
あくまで補助的なものです。

ダイエットは自分自身の努力で成功するもの、という意識をもちましょう。


 
タグ:痩身 エステ
| 痩身

痩身

ダイエットと詐欺・健康被害

痩身・ダイエットは、詐欺や健康被害も多くなっています。
 
下記のような問題があります。
(複数の項目に当てはまるケースが多い)
 

・科学的に痩身効果が期待できないもの

・捏造または、信頼性の低い実験データを根拠としている。
 または実験すら行っていないもの

・期待される効果やサービスの内容に対して著しく料金が高額なもの

・科学的な検証に堪えないアンケート結果や、「体験談」を根拠と
 しているもの

・勧宣・伝誘の方法に問題があるもの

・不安や恐怖心を煽るような形での勧誘を行うもの

・誘時に「効果がなければ返金」を謳いながら、実際に返金を要求
 しても応じない例 (詐欺まがいな行為)

・フィットネスクラブなどで、最初は低料金のコースで入会させて、
 後から高額のコースへの変更や別料金が必要となるオプションの
 追加を行わせるもの
 
・カルトなどが美容や痩身を謳った本や、サークルを勧誘の手段とするケース - 法の華三法行など

・宣伝に登場する「専門家」が、実際にはその分野には素人だったり、
 学位がディプロマミルなどで「買った」ものだったりするケース

・波動、アルカリ性食品など、疑似科学やオカルトを理論の中心に据
 えているもの

・副作用が強い薬や、有害な成分を含むダイエット食品


こうした詐欺などの被害に遭わないためにも「有名人の言うこと」「メディアで言われていること」が必ずしも正しいと限らないと認識すること。購入するまえにきちんとリスクの有無などを確かめること。

うまい話などない!という心構えが必要である。


 
| 痩身

痩身

痩身方法・食餌療法について

基本的に痩身とは、「食事によって摂取されたカロリー」以上に「基礎代謝で消費するカロリー+運動や活動で消費するカロリー」を上回るようにすれば、除々体重は減少してくるはずです。

基礎代謝とは生きていくために体が使うエネルギーで、動かなくても消費されるカロリーのこと!
一般の成人に値する一日のエネルギー量は、約1200キロカロリー。
でも、日常のなかで何もせずじっと過ごしていることはほぼないと思うので、これよりも多くのカロリーが消費されている。

痩身の際には、「脂肪」「炭水化物(糖分)」「たんぱく質」の3つの栄養素に注目してほしい。
 1gあたり、脂肪は9キロカロリー、たんぱく質は4キロカロリー、
炭水化物は4キロカロリーなのだ。


たくさんあるダイエット方法のなかで、単一食品をひたすら食べ続けるダイエット法がある。
例えばリンゴダイエット、豆腐ダイエットなどがそうだ。
炭水化物を食べないダイエット方法も存在するが、栄養面での極端な偏りは痩身や体重の減少は一時的に成功するものの、
場合によっては命に関わるほどの危険を伴うこともあり、美容に悪影響を及ぼすのは避けられない。
それに、そういった形で一時的に減量が成功しても、元の食生活に戻せばあっという間にリバウンドだ。


 
| 痩身

痩身

痩身とリバウンド

 痩身のために食事制限を行うと、
体の中は『栄養が不足している状態だ』と認識し、
人が生きていくために備わっている『ホメオスタシス』
という機能が働きます。

ホメオスタシスというのは生きていく為に必要な
エネルギーの消費を減少させる機能の事です。
食事が長期間取れない時、このホメオスタシスという機能が働いて、生命維持を助けるのです。

ダイエット時は大抵の場合栄養不足になっていまいます。
ですから、ホメオスタシスが働いてしまうのです。
それにより、食事制限しているのに体重が減らないという状態になってしまう訳です。
ホメオスタシスの機能は、減らした食事量でも身体は維持でき、
エネルギー消費を前と同じに戻しても大丈夫、!!
と理解するまでに約1ヶ月掛かります。
ということは、「体重減らないから、食事制限やめよう」
とダイエットをやめてしまうと、リバウンドを引き起こすのです。

ダイエットを挫折して食事量を元に戻しても、
ホメオスタシスは機能し続けているということになりますから、
ダイエット前と同じ食事を取ってしまうと、
エネルギー消費が少ないし身体になっているため、
ダイエット前よりさらに余分なカロリーとして蓄えられ、
太ってしまうということなのです。


  
| 痩身

痩身

痩身のための食事制限

痩身のために、「食事制限」と思っている人は大勢いると思います。
確かに、食べ物を摂取しなければ痩せますが、
それでは健康を損ないます。
たとえ一時的に体重が減ったとしても、落ちたのは体脂肪ではなく
筋肉であり、逆に太りやすい体質になってしまいます。
食べ始めればすぐ元に戻り、前より太ってしまう「リバウンド」も、
このために起こるのです。


食事をするのは生きていくうえで必要なことなのです。
食事を我慢するということは、ストレスの原因になります。
ひどくなると、脳にある食欲中枢がおかしくなってしまいます。
食欲中枢が狂ってくると食欲をコントロールできなくなり、
過食症、拒食症などの摂食障害を引き起こしてしまうのです。
無理な食事制限でダイエットをするとストレスになり、
食べても食べても満足しないという状態になってしまうわけです。


また食事の時間だからと、お腹がすいていないのに食べること
ありますよね?
これも一見体にいいと思われがちですが、食欲中枢が狂う原因です。
お腹がすいてなかったら食べないことが、そのときの体にっとて
一番自然な事なのです。

夕食を制限するダイエット法もよく見られるのですが、
これはとても危険です。
栄養面や自律神経の働きに悪い影響を及ぼします。
ストレスにもなるのでメンタル面から脳(食欲中枢)のマヒにも
つながってしまいます。


 
| 痩身

痩身

痩身のための無理な運動

運動をすれば痩せる!思われていますが、実際運動で痩せるのはそんなに楽ではありません。
自転車を30分間こいでも、消費されるのは「ご飯一杯分程度」のカロリーです。
フルマラソンを1〜2回走るぐらいの運動量が、1キロの体脂肪を落とすのに必要な運動量というわけです。

日頃から運動をしている人はほとんどいないのです。
あなたの周りにも日々体を動かす生活をしている人が、どれくらいいますか?
運動を毎日続けられる習慣がある人は、痩身への苦労はないのです。


運動をして体重が減ってると思っても、体脂肪が落ちたわけではなく水分が減っただけです。
肥満を改善するには、体脂肪を減らさなければ意味がありません。
運動だけで痩せるためには、定期的な運動を継続しない限り厳しいでしょう。
運動はしたほうが健康にいいし、何もしなければカロリー消費はできませんからね。

そうして運動を続けていくと、代謝が良くなるので、結果カロリー消費量も増えるということ事につながります。
エアロバイクやエアロビクスダンスなどの有酸素運動と、筋力トレーニングの両方を行うと、
カロリー消費量が増やすことが出来るので、痩身に効果的です。


 
| 痩身

痩身

自分に合った痩身方法とは?

 人はなぜ太るのか?

太る原因は消費エネルギーが年をとるとともに減っていくことに対し、食べることで摂取するエネルギーが上回るため。

また、運動で効果的にエネルギーが燃焼されず、消費することのできなかったカロリーが脂肪細胞に吸収、そのひとつひとつが巨大化し、

結果肥満へつながるのだといわれている。

そして、半径が2倍になると体積は約8倍にもなるとも言われ、吸収された脂肪はどんどん膨らんでいくんです。


 痩身、ダイエット効果を謳う商品やエステサロン、スポーツジムなどの目的は、

体内で大きくなってしまった脂肪を燃やして、脂肪細胞を小さくすることなのです。それを理解しておいてください。

つまり、脂肪細胞自体を排出、燃焼、分解させることで小さくし、結果、痩身させるということを目的としているのです。

元の食生活や生活習慣に戻れば、リバウンドのおそれがあるのです。

なぜかというと、あくまでも脂肪細胞自体を小さくさせただけなのですから。


 自分自身の食生活・生活習慣を変えるということは、時間や立場、金銭的にほぼ困難です。

仕事柄動くことのない職場にいる人だど、いろいろと問題点がでてくるのではないでしょうか。

自分自身の生活スタイルに合った痩身方法というものを、一度見つめ直してみてください。


 
| 痩身

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。