食べる量に関係なくやせる極意とは?

痩身

痩身とリバウンド

 痩身のために食事制限を行うと、
体の中は『栄養が不足している状態だ』と認識し、
人が生きていくために備わっている『ホメオスタシス』
という機能が働きます。

ホメオスタシスというのは生きていく為に必要な
エネルギーの消費を減少させる機能の事です。
食事が長期間取れない時、このホメオスタシスという機能が働いて、生命維持を助けるのです。

ダイエット時は大抵の場合栄養不足になっていまいます。
ですから、ホメオスタシスが働いてしまうのです。
それにより、食事制限しているのに体重が減らないという状態になってしまう訳です。
ホメオスタシスの機能は、減らした食事量でも身体は維持でき、
エネルギー消費を前と同じに戻しても大丈夫、!!
と理解するまでに約1ヶ月掛かります。
ということは、「体重減らないから、食事制限やめよう」
とダイエットをやめてしまうと、リバウンドを引き起こすのです。

ダイエットを挫折して食事量を元に戻しても、
ホメオスタシスは機能し続けているということになりますから、
ダイエット前と同じ食事を取ってしまうと、
エネルギー消費が少ないし身体になっているため、
ダイエット前よりさらに余分なカロリーとして蓄えられ、
太ってしまうということなのです。


  

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。