食べる量に関係なくやせる極意とは?

痩身

痩身のための食事制限

痩身のために、「食事制限」と思っている人は大勢いると思います。
確かに、食べ物を摂取しなければ痩せますが、
それでは健康を損ないます。
たとえ一時的に体重が減ったとしても、落ちたのは体脂肪ではなく
筋肉であり、逆に太りやすい体質になってしまいます。
食べ始めればすぐ元に戻り、前より太ってしまう「リバウンド」も、
このために起こるのです。


食事をするのは生きていくうえで必要なことなのです。
食事を我慢するということは、ストレスの原因になります。
ひどくなると、脳にある食欲中枢がおかしくなってしまいます。
食欲中枢が狂ってくると食欲をコントロールできなくなり、
過食症、拒食症などの摂食障害を引き起こしてしまうのです。
無理な食事制限でダイエットをするとストレスになり、
食べても食べても満足しないという状態になってしまうわけです。


また食事の時間だからと、お腹がすいていないのに食べること
ありますよね?
これも一見体にいいと思われがちですが、食欲中枢が狂う原因です。
お腹がすいてなかったら食べないことが、そのときの体にっとて
一番自然な事なのです。

夕食を制限するダイエット法もよく見られるのですが、
これはとても危険です。
栄養面や自律神経の働きに悪い影響を及ぼします。
ストレスにもなるのでメンタル面から脳(食欲中枢)のマヒにも
つながってしまいます。


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。